KOMA NOTE

”軽やかな自己実現”の考え方や実践を3人子育中フリーランスのコンサルタントがつづります。

あなたの人生を好循環させるために、今から「3分間」で何ができますか?

f:id:komagome518:20190806160607j:plain

今、3分間与えられたら何をしますか?

 

質問です。

「3分間。あなたにとってこの時間というのは、短い?長い?」

 

 

言わずもがな、何をするか次第ですよね。

 

 

仕事でいえば、企画書を作成するには3分は短い。
誰かと打ち合わせをするにも、さすがに3分は短かすぎる。
ぼっ〜とスマホSNSを見ていたら、あっという間ですね。


でも、誰かにメールを送るなら、3分は十分な時間。
そして、仕事全体の洗い出しなんかも3分あればできる。
予定されている会議の論点整理なんかも3分あればできます。

 

 

そう。

 

 

「3分」でも10分でも、時間というのは、いつもニュートラル。

 

時間を有効に活用するというのは、
その3分間で「あなたが何をするか」次第なのです。

 

あなただったら、今3分間あったら、何をしますか?

 

もしパッと即答できたら素晴らしい!

もちろん即答できなくとも大丈夫です。

 

今から筆者がご提案するカンタンなことを取り入れてみてください。

 

時間がない、時間がないと嘆くビジネスパーソンは多くいます。
そんな方にこそ、「3分間リスト」を作ることをお勧めします。

ただのリストではありません。


人生の好循環を生み出す黄金の3分間リスト、です(笑)。

 

 

 

「人生の好循環につながる3分間リスト」とは何か?

 

あなたが「あ!いま3分間ある」と思ったら
次の瞬間「あれ出来る!」にするためのリストです。

 

 

例えば、筆者の場合

・スクワット
・ストレッチ(上半身中心)
・その場でエアなわとび(3分だと300回以上できますよ)
・目を瞑り腹式呼吸
・眼球体操
・読みかけの本を3ページ読み進める
・仕事のタスク出し
GPSシートの進捗チェック
・問いのリスト化
・スケジュールに未来の楽しい予定を1つ書き込む
・3ヶ月先までのスケジュール俯瞰
・不要のファイル、紙を捨てる
・気がかりなことの書き出し
・机の上を全てなくし、ウエットティッシュでふく
・トイレ掃除
・予祝しまくる!
・色んな人を思い浮かべてありがとう、を言う
(結構たくさん言えます^_^)

 

とかとか。
他にも、英語の勉強とかでも3分で1フレーズを覚えるとかできそうです。

 


そんな一覧できるリストを1枚作って、手元にしのばせておくのです。

 

内容は本当になんでもいいけど、
できれば
少しでも自分の人生が前に進むことにつながること、
好循環を生み出すこと、

を選択していくといいですね。

 

健康、人間関係、仕事の成果、お金、整理整頓、感情の改善・・・
いくつかカテゴリーを分けると、出てきやすいと思いますよ。


ちなみに、このリストは定期的に修正します。
筆者は大体月1回修正しています。

 

試しに、1枚紙を取り出して書き出してみてください。
(これもあまり時間をかけずに、3分間でやってみましょう)

 

 

 

要するに、「時間がない」ことの正体とは?

 

いま、ふと空いた3分間でやれることがすぐに思いつかない状態。
そういうことだったりしませんか。


時間は、ニュートラル。
ある・ない論より、「いまその時間で何を即断し即行する」かどうかを大事に。

万人に時間という資源は平等に与えられています。

私たちにできることは、24時間をどう使うか、この工夫のみです。

至ってシンプルですね。

 

3分間という時間(自由)は、実は日常たくさん、落ちています。
ほとんどの人はたぶん、落ちているその自由を見過ごしているはずです。


3分あれば、いろいろできるのに。。

 

脳が「3分」を見つけた時に、
「あれ出来る!」に即つなげる。

そのために、意識化できるリストを用意しておく。
たったそれだけ。

 

最後にしつこいけど聞きますね。

 

 

「あなたの人生を好循環させるために、
今から”3分間”で、何ができますか?」

 

 

PS、
もちろん3分にこだわらず、5分でも10分でも、良いと思います。
なんか良さそうと思ったらサッサとやってみる。
この軽さがポイントですよ〜

 

 

 

****

 

 

☆筆者ワークショップのご案内です☆

 

毎月1回の体験講座
「あなたの思考を磨くメモ技ワークショップ(体験版)」

次回は8月28日(水)19時〜21時で
梅田で行います。
参加費は3千円です。

 



詳細・申込はこちらより。

umedai.jp