KOMA NOTE

”軽やかな自己実現”の考え方や実践を3人子育中フリーランスのコンサルタントがつづります。

いつも心が軽く居られる秘訣とは?

f:id:komagome518:20190313172138j:plain


 いつも心を軽くする筆者の秘訣

 

「頭の中の雑音を紙に書き出す」習慣をもったからです。

たったこれだけです。

 

ほぼ毎日しています。
トイレ同様、出すとスッキリなのです。

 

筆者だけでなく、誰しも日常を生きていると「やらなければならないこと」や「ほんとうはやってみたいこと」、「不安やイライラな感情」が混ざり合ってモヤモヤしてきますよね。

要は、自然と重たくなる。

 

パソコンもデータ量が一定以上増えると、動きがもっさりしてきます。
人間の体も体重が増えると動きが鈍くなる。健康にも障害が出ます。
いらない情報や体重は適切に減らしていくことが大切。

あなたの頭も同様です。
大事な仕事なのに、気がかりなことが頭をさまよう。
大事な会議なのに、お客様からのあの一言がずっと気になって集中できない。
大切なデートなのに、仕事のことでいっぱいで彼女の話も上の空。。

そんなご経験ありませんか。

 

筆者はよくこういう瞬間に、紙に吐き出しています。

 

✔︎いいアイデアを生み出したい前に。

✔︎仕事を始めたけど、集中できていなくてスマホを手にし始めたら。

✔︎理由は分からないけど、イライラしているな、と思ったら。

✔︎意味不明な一抹の不安やあせりを覚えたら。

✔︎心が疲れているなと感じたら。

 

 

紙の上にある完全なる自由

ちょっと慣れが必要ですが、書き方自体は極めてカンタンです。
気がかりなことや、なんだろう今の自分は、などと頭の中にさまよっていることやつぶやきをどんどん紙に言葉で落としていくだけです。


普段絶対に口に出せないあんなことやこんなことまで”ありのまま”書きます。
ここでは自分の心に素直に、言葉を選ばず吐き出して「いい」のです。

 

まさに紙の上にある完全なる自由、といえます。

 


その辺の裏紙でもノートでも何でもOKです。殴り書きで構いません。
ただし、最低限読める字で書くこと。箇条書きでも文章でも、何なら単語でもいい。

 

ひたすら一定時間書き続けます
慣れるまでは経験上5分間を目安に時間を計ることをお勧めします。
(慣れてきたら2分程度、ガッ〜と書き出して終了したりします)

 

時間制約を持って、タイムプレッシャーをかけてやった方が手が動きます。
でないと頭の中のモヤモヤを頭の中で整理・体系化しようとし、手は止まります。


ありのままサッサと書き出していくことが大事です。

この方法はいろんなところでご提案しやってみてもらうのですが、中には分かっていてもなかなか書き出せない人もいます。

 

自分に許可を出すことがコツ

正しいことを書こうと思うと、書けません。
言葉を選んでいると、書けません。
いい人、良い人間でいようとすると、書けません。


自分に許可を出していくのです。
この5分間は、なんでも書いていいよと。

 

みっともない自分。
人のせいにしている自分。
ある人への罵詈雑言を吐き出している自分。
欲まみれの自分。

ここではぜんぶ有り、なのです。
ラーメンでいうとぜんぶ乗せ状態です。

 

紙の上では、自分のほんとうの気持ちを吐き出していいのです。
普段は、ほんとうの気持ちなんてなかなか出せないものです。
「ほんとうは、・・・・・」この一文に自分の本心が表れています。



もう何も出ない、頭の中が空っぽ、という状態が理想ですが、頭の中にぽっかり空間ができたなぁ〜という感覚が味わえてくると思います。
なかなかスッキリしますよ。

 

まとめると、何事もモヤモヤしたら「出す!」貯めないこと。
よかったら紙なんて何でもいいので、たった5分間、自由に頭の中の棚卸しをしてみてください。

 

やってみて質問したいことがあれば遠慮なく聞いてくださいね。

あなたの心と頭のモヤモヤがスッキリに変わることを願っています。