KOMA NOTE

”軽やかに自己実現”の考え方や実践をフリーランスの人材育成コンサルタントがつづります。家庭では3人の子育てを楽しむ愛妻家です。

たかがメモで人生が変わる、としたら。

最近メモがまた脚光を浴びているようです。

 

メモの魔力 The Magic of Memos (NewsPicks Book)

メモの魔力 The Magic of Memos (NewsPicks Book)

 

 

実は、8年前にある方との出会いから筆者は人生が変わりました。
現在ビジネス書のベストセラー作家として活躍している方です。
その方に真っ先に手渡されたのは、「メモの活かし方」でした。

 

「は?メモ、ですか?」ですよね。

 

仕事でノートにメモはしていますよ、ふつうに。最初はそんな感じでした。たかがメモ、です。

 

 

しかし、されどメモでした。程なく衝撃が走ります。
当時組織人事コンサルタントをバリバリやっていた筆者は、ショックを受けました。
たった1枚の紙に、ある工夫をしてメモをする「だけ」で、頭がスッキリ整理されたのです。

メモすると途端に頭の動きがよくなった感じがするのです。

あー筆者は何もメモのことを分かっていなかった…

 

まさに、『メモ革命』。

 

 

革命とは?


シンプルで、誰でもすぐできる、書くと前向きになる、そんな理想のメモだから。
たくさん仕事でメリットがありました。

たとえば、
パワポで何時間もかけて作っていた提案書は1/3の時間で終了。
・コミュニケーション力がますます磨きがかかる。
・段取りが格段に上手になり、残業時間はほぼ0に。

当時管理職だった筆者が、職場で一番早く帰りました。

 

まさに「メモ」の活かし方ひとつで、一人働き方改革が実現してしまったのです。
その衝撃の勢いで、なんと会社を辞めてしまったくらいです(笑)。

それ以来、このメモをたくさんの方に手渡そうといろんな企業、組織にこのシンプルなメモ技を手渡しています。これを取り入れるだけで仕事の効率はあっという間に変わります。
メンタルもセルフコントロールできるようになるのです。

 

ただ指導していて気づいたのは、多くの方はメモを日頃取ることすらしません。
メモしてたとしても、ほぼ活かせていません。


なぜでしょうか?
学校でも、企業に入っても、活かすメモの取り方なんて誰からも教わらないから。

なのに、メモとれって上司から言われませんでしたか?

「メモを活かせる」という土台がなければ、その後どんな思考方法を学んでもおそらく実践で活かせません。
一部の頭の良い人はメモなどいらないでしょうが、ふつうの人間こそメモ力を磨くべき。
筆者はそう思っています。


今年もバージョンアップした「活かすメモの技」をたくさん手渡していきたいと思います。

 

大げさかもしれませんが、メモ力を磨くだけでで人生は変わりますよ。