KOMA NOTE

”軽やかな自己実現”の考え方や実践を3人子育中フリーランスのコンサルタントがつづります。

12月19日の「ひと言」

f:id:komagome518:20181219145848j:plain
どんな仕事であったとしても、
自分にとってそれが「天職だ」と思うこと。

 

商売繁盛のコツがあるとすれば、これに尽きるのではないかと。


天職だと思い込んでいる人って、しぶとくてぶれなくて結局、強くないですか。
そして、なにより楽しんでませんか。


景気がどうであれ、とか世界情勢がどうであれ、ノープロブレムなんですね。
上司が、とか会社が、とか1mmもどうでもいいことなんですね。


自分がどうしたいかがあるだけなのです。


自らの内面から湧き上がるものがあって仕事をしている。


ひと儲けしようとか、目立ちたいとか、とりあえず目の前にそれがあった、では継続するのは難しいものです。


なぜか。
その程度の情熱では、たいていは壁や谷底で諦めたり、逃げてしまうからです。


(自戒を込めて書いてみました)