KOMA NOTE

仕事や子育て、人生全般を好転させていくには、たぶんこうだろうと思うことを思考整理コンサルタントが綴っています。

大事なのは、その先なのだ

「社員とちょっとしたプチ打ち上げするからおいでよ。」
顧客先の社長に誘われた。

 

お店は、北新地にある天ぷら屋さん『おばた』。

 

箕面の畑からとれた新鮮な野菜、活きのいい魚介類を天ぷらでいただく。
天ぷらの幅の広さ、深さを改めて感じた。
はぁ。もう最高に美味しい。
白ワインが天ぷらに妙に合う。

店内はカウンターだけなので、大将と会話しながら食事ができる。
ふと、天ぷら粉を混ぜる大将の手つきがまるでギターを弾くかのような軽快なリズム音を放っていたことに目が行った。

「すごっ!大将、まるでギターを弾いているみたい」


「・・・はい、かつて弾いていました」

 

少し照れくさそうに彼は言った。

「実はずいぶん昔、シャ乱Qと同じ事務所にいてましてね」

 

「へ〜プロだったんですか。」

 

束の間、彼は黙り込んだ。

 

「・・結局、芽がでなくてマネージャーとして裏方に回りました。でもマネージャーとしてもなかなか性に合わなくて、そのときつんくさんからお店をやってみては?と違う道を勧められたんです」

 

「で、料理人の道へ?」

 

「はい。新宿のお店で修行したのちに、この店を持ちました。
結局、わたしもつんくさんにプロデュースされた一人です、あっはっは」

 

大将の鉄板ネタなのだろう。


どれだけ技術があっても、突破できない壁はある。
ある思い出がよみがえった。
高校生のとき、ぼくはサッカーに夢中だった。
ある練習試合で県内の強豪校とやった。試合でプロ候補と目されていた一人の選手(同い年)にまったく歯が立たなかった。子供のようにあしらわれた。


はじめて圧倒的な実力差を感じた。
実力差やセンスの差もそうだが、一番悔しかったのは「気持ちの差」に気がついてしまったことだった。
ぼくにとっては部活の練習試合だけど、彼はすでにプロ意識の塊だった。


「単なる技術だけじゃない。結局は気持ちだ。」

僕は彼からそれを学んだ。そこでぼくはサッカー以外の道も考えるようになった。

 

大将は若かりし頃、歌という自己表現の手段で夢を追った。
しかし、夢は必ず実現するわけではなく、むしろその夢と決別しなければならない瞬間が人生では数多ある。

 

大事なことは、夢敗れしとき、どう自分を支え前を向いていくのか。
彼はギターを置き、歌ではなく今は料理という手段で自己表現をしている。

料理もアートだ。
大将の揚げる天ぷらには、気持ちがこもっていた。だから、最高に美味しい。

 

どんな状況になろうと、表現したい世界がある。伝えたい相手がいる。
そのじぶんの気持ちに忠実である限り、大将はずっとアーティストだ。

 

やはりテクニックではない。気持ちなのだ・・そう呟きながら新地を後にした。
ぼくの「また行きたいお店リスト」に登録されたのは言うまでもない。

 

 

天ぷら屋 おばた

https://tabelog.com/osaka/A2701/A270101/27059716/