思考整理パートナーKの人生をシンプルにしていくノート

「ふつう・不器用・空回り」の3拍子そろった人の頭と心が5ミリ前向きになれる。そんなブログを書いていこうと思います。

シンプルなやり方が簡単で楽とは限らないけど。

シンプルな経営をすすめています。

仕事であれ日常であれ、同じです。


結果が思うように出ない時ほど、
僕たちはフクザツに物事を考えています。

シンプルに考え、シンプルに行動していきましょう。

 

「ほんとうに大事なことは?」

シンプルさへの鍵です。
結構、どうでもいいことに時間とエネルギーを取られています。
どうでもいいことを増やしています。

シンプルなやり方は大抵の場合、いい結果をもたらします。
でも、シンプルなやり方が決して簡単で楽とは限らないのです。
どういうことか?

 

たとえば、

「会議のゴール(目的)をハッキリ宣言してから、スタートする。毎回。」

 

一見シンプルです。

これがなかなかできない。

なぜでしょうか?

 

「私はそうしたいんですけど・・・」

そんな声が聞こえてきます。
あなたの組織ではいかがでしょうか。

シンプルを目指すがゆえに、
時間や人のエネルギーを多く費やすこともあるのです。


繰り返します。
シンプルなやり方は大抵の場合、かなり良い結果をもたらします。

 

今リーダーに問われているのは、
本質は何か、を見抜くこと。
それ以外は思い切ってバッサリ捨てる覚悟です。

時価総額1兆ドルを超える大企業アップル社。
創業者のスティーブ・ジョブズがシンプル主義を原理原則に掲げて、
大躍進したストーリーは有名です。

今このブログを書いているアイフォン、ボタンはたった1つです。
想像ですが、1つにたどり着くには楽ではなかったでしょう。


もしも会議でジョブズが”念のため”とかいってボタンが4つになってたとしたら・・
ここまで世界中でヒットしていなかったかもしれません。
きっと、コレめんどくせとネットで叩かれていたでしょう。

 

たった1つに絞ったから。
ヒットした理由の1つにあるような気がします。
ユーザーとして僕はこのシンプルさが好きです。

 

覚悟をもって物事にメリハリをつけていきましょう。
常にシンプルを目指すあなたを応援しています。
シンプル経営のすすめ、でした。