KOMA NOTE

仕事や子育て、人生全般を好転させていくには、たぶんこうだろうと思うことを思考整理コンサルタントが綴っています。

楽しむという姿勢。

週末の夜、梅田のキャバンクラブにいた。キャバクラではない。
30年続く老舗ビートルズライブハウス。
かつて全盛期には毎晩のように満席だったこともあったそうだ。
その日は、ゆったりできるほどのチラホラの客入りだった。

ぼくはビートルズ世代ではないが、ほぼ曲は分かる。
18歳で上京し、初めてバイトしたのが「アップル」という名のカフェ。
そこのオーナーがビートルズの熱狂的なファンで、お店ではずっとビートルズがかかっていたから。

あの頃のぼくは、失敗ばかりで叱られることが多く、しばしば胸が痛かった。
バイト終わりに、先輩にチクチク説教されているバックでよく流れていたのが、
今思えば、「LET IT BE」(だった気がする)。

 

そんな昔の苦い思い出が走馬灯のように駆け巡りながら、ステージに目をやる。

4人のアーティスト。
彼らの演奏は素晴らしかった。トークも温かくて面白い。プロだった。
あれは一朝一夕にできるものではない。相当な場数を積み重ねているのだろう。
しかし余計な御世話だが、ビートルズコピーバンドという仕事で食べていけるのだろうか。そんな下世話な思いがよぎる。全国のライブハウスを回る仕事。そんな人生もあるんだなぁ・・・。

しかし、そんなぼくの余計な思いは、次第に己の恥ずかしさに変わっていく。

 

この4人、ずっと楽しそうなのだ。
めっちゃ楽しそうに演奏し、歌い続けている。
つまり、楽しんで仕事をしているのだ。楽しむというのは最強だ。


観ているこちらまでその楽しさ、熱は伝伝染する。気づけばぼくは手をたたき、一緒に声を張り上げていた。

レリビー、レリビー、レリビー、レリビ〜・・・・ああ楽しい。

「俺らはこの仕事、最高に楽しんでいるぜ。お前はどうよ?」

そう問われている気がしてドキリとした。
楽しむ、ということより、胸の中はうまくやろうとか儲けようとか、先々の不安とか納期がとか、あの人との関係がとか、なんか最近は損得ばかり計算している気がした。

あ〜大事なことを忘れていたぜ、ビートルズさんよ。

そういえば『論語』の中でも孔子は言っている。物事は「知好楽」だぜ、と。


”知ってるだけの人は、好きでやっている人にかなわない。
好きでやっている人は、楽しんでやっている人にはかなわない。”
という意味。


基本はレットイットビー。
結局、「楽しむという姿勢」だけあれば、自然と物事は上手くいくのかもしれないよ。

そうポールマッカートニー似の彼が言ってるような気がした。

明日から原点に返って、ひたすら仕事を楽しもう。

今夜もあの名も知らぬビートルズ風の4人はどこかで伝えているんだろうなぁ。

「俺らはこの仕事、最高に楽しんでいるぜ。お前はどうだ?レリビー」と。

 

あなたは自分の仕事を、楽しんでいますか?

Let It Be