KOMA NOTE

仕事や子育て、人生全般を好転させていくには、たぶんこうだろうと思うことを思考整理コンサルタントが綴っています。

ちゃんと言う勇気。

小雨降る中、ゆえあって渋谷にいた。
渋谷に来たのは、3年ぶりか・・
めったに来ない東京、もちろん仕事である。

 

ある小売業を営む企業の女性活躍推進プロジェクトのファシリテーション
新たな自薦参加の12名の女性たちと一緒に考え議論した。
その後の懇親会を含めるとおよそ8時間。

いつも思う。
女性は共感力と言語化能力が男性と比較して長けている。
初対面同士でも、あっという間に共通点を見つけてケタケタ笑いあえる。

気づいたことを言葉に変換していくテンポ。
相手に呼応するリズム感。
反面、空間把握能力は苦手な方が多い。

 

この方々が顧客接点において、「真実の瞬間」を作り出しているんだなぁ。
彼女たちは、実はすでにわかっている。いろいろ見えている。
どうすれば職場に活気が宿り、お客様を喜ばすことができるのかを。


今ほんとうに必要なのは、
こうやって女性を集めて研修とかするよりも、ズバリ、男の側の意識改革なんだけどね。

その上で。彼女たちの意見には十分に耳を傾ける価値があった。これチャンスだらけやで〜と。


最後、彼女たちに伝えた。
「ちゃんと言おう。」

これまでちゃんと言うことをずっと避けてきた。
ちゃんと言うのは勇気がいる。

いつもフタしてることを、勇気を出して1回ちゃんと言ってみよう。
それだけが、現実を、自分を変えていくのです。
そして他人が笑顔に、元気になっていくのです。

2018年を「ちゃんと言う元年」に。

 

来週は彼女たちの上司たちとのワークショップがある。
僕が言いたいことはたった1つ。

「ちゃんと聞こうぜ。」

わかったふりとかしないでさ。
それが上司の基本のき、だから。