KOMA NOTE

くらしと仕事にシンプルなきほんを。思考整理コンサルタント・駒込浩明のブログです。

フォーカスして生きる勇気。

浅田真央選手の引退会見がありましたね。

民放テレビ局は生で放映していたようです。

 

今やフィギュアの試合がゴールデンタイムで当たり前のように放映されるようになったのは、彼女の存在があったからではないでしょうか。

それだけ多くの国民に愛されたアスリートだったのでしょう。

 

何より、昨日の会見を見た方の多くが感じたであろう、まだ26歳にして、あの存在感と言葉に滲む成熟感。

 

「ひとつのことに打ち込んだ努力は

報われると感じています」

 

彼女の言葉のひとつ。

シンプルだけど、本当にやった人にしか言えない言葉。

 

浅田選手は21年間フィギュアスケート1つにフォーカスした人生を送った。

金メダルという1ゴールを定めて、それを生き抜くってことをやってきた。

やはり一流のキーワードは「フォーカス」なのだ。

 

仕事でもそう。質を上げるには、できるだけ少なくやること。1つに絞る。

空回りする人ほど、アレもコレもと中途半端に手を広げて出してしまうもの。

 

浅田選手の会見を見ながら決意した。

この春、改めて《大事な1つに絞る》。他はバッサリと捨てていこう。

捨てる、やめる、減らす、削る、断る。

まだまだ続くであろう成熟トレンドを生き抜く上で、会社にとっても個人にとっても必要な方向性だ。特に僕のように40代に突入した大人は「捨てる」ことができるかが問われているとひしひしと感じる。

 

生きる強さとは、捨てて捨てて「1つの事実にフォーカスする」ことから生まれてくるんじゃないだろうか。改めて自問してみたい。

 

浅田さん、

本当にお疲れ様でした。

あなたの絶え間ない努力、

1つのことに捧げる眼差し、

金メダルを諦めない挑戦心、

観る者にたくさんの感動を与えて頂きました。

ありがとう。

 

f:id:komagome518:20170413175056j:image

そういえば、歳を取るごとに桜の美しさを感じるようになってきました。