KOMA NOTE

くらしと仕事にシンプルなきほんを。思考整理コンサルタント・駒込浩明のブログです。

てんしゅかく。

古くから新人教育の場で言われる「ホウレンソウ」。

その功績を認めつつも、あえて異を唱え、自ら新入社員の行動3原則を提唱し対抗している方がいる。

かの有名な明治大学の教授、斎藤孝さん。

 

本人曰く、なかなか世間に広まらないそうだが、

僕はその3原則を聞いて多いに納得した。シンプルに大切なことがまとまっている。

それは・・・「てんしゅかく」。

 

てん=テンション。まずは元気がないとダメ。

しゅ=修正。間違いを指摘されたら素直に直せること。

かく=確認。ミスの原因のほとんどは確認不足だから。

 

もしも、この3原則を実践できる新人がいたら、僕はぜひ一緒に仕事したい。

あなたもそう思いませんか?

 

しかし、3つのうちどれかひとつでも欠けるとガラッと印象が変わる。

元気はあるけど、何度も同じ間違いをする、とか。

修正は素直にできるけど、とにかく暗い、とか。

こういう方いますよね、職場に。

 

「てんしゅかく」キレ、リズムも良くて時代にも合う3原則だと思いませんか?

 

そもそもホウレンソウは3つが切りきれていないと思うのです。

まぁ「なんでも自分勝手に仕事するなよ、俺に全て言え、言え、言え!」という周知徹底のためには適しているのだと解釈していますが。

 

明日から僕はある大企業の新人研修でナビゲーターを務めてきます。

今回はプログラム内容が決まっているので、それに忠実にやるだけですが、ここ数年、新人対象の研修をやる機会がなかったので、どんな新人の皆さんと出会えるのかワクワクしています。

 

どこかの職場・チームで、「てんしゅかく」試してみたいな〜。

 

 

広告を非表示にする