KOMA NOTE

くらしと仕事にシンプルなきほんを。思考整理コンサルタント・駒込浩明のブログです。

リーダー、この2文字ですよ。

昨日は朝から夕方まで顧客先にてリーダー陣とミーティング。

 

挑戦的なビジョンとプランを持っているあるリーダーの悩みは、

「どういう意味づけで伝えたら部下が動いてくれるか?」

「伝え方でいつもしくじっている(気がする)」

「やはり伝え方が8割なの ⁈」

 

経験と専門性があり、人間的に温かい性格の彼。

ついつい部下より自分が一番汗をかいている。

しかし、何事も一人では限界があることに気づいていないわけではない。

 

彼に必要なのは、アレコレ複雑なコミュニケーションの工夫ではない。

足りないのは「伝え方」の工夫ではない。

 

 

 

 

「やれ」

 

 

 

たった一言、この2文字を言えばいい。

彼は今までこの一言を部下に言う勇気がなかったのだ。

 

いま、あらゆるリーダーがこれまでの業界常識に立ち向かっていかなければならない。

部下たちに挑戦させることが大切な仕事だ。

 

勉強はできるが、まだ経験の少ない部下たちは「なぜ今そんなことやるんですか?」「やってもどうせうまくいかない」と鼻を鳴らしてくるだろう。

 

理由がわからないからやりたくない?

そもそもやってみたのか?

いま非常識に見えることこそが、次の常識になるのだ。

もっともっと挑戦させよう。しよう。

 

時間をかけてやる理由をこねくり回すより、

シンプルな一言を言う勇気だ。

 

 

 

つべこべいわず

「やれ、以上。と。

 

 

 

何事も、とことんやった後でないと本当の意味なんてわからないのです。

振り返ればあなただってそうだったはず。

今大切なことは、部下に挑戦させること。

そしていつも自分自身が挑戦することだと思います。