KOMA NOTE

くらしと仕事にシンプルなきほんを。思考整理コンサルタント・駒込浩明のブログです。

まずは、ハワイに行く。

クライアントに新年の挨拶をしながら、おなじみの「今年の抱負は?」と質問の交換をし合う。

そういう時、人はまんざらでもない表情を浮かべながら抱負を語る。

「英会話をスタートする」「沖縄マラソンに出る」「体重を10キロ減らす」

「家族と旅行に行く」「温めてきた新規商品をリリースする」等々。

(すべて僕の過去の抱負です)

 

そう、抱負=目標をなぜか決めて話したくなる年初の風物詩。

 

しかし、3日も経てば多くの人はそれをすっかり忘れている。実現した試しがない。

これまた毎年おなじみのこと。

ふとなぜだろうか、考えてみた。

 

たぶん。

ゴールを立てるとき、1年という時間軸は長すぎるのだ。

今の時代、1年間で状況は目まぐるしく変わる。

特にビジネス環境は。あれっと気づくと前提が変わっていることは多々ある。

 

それでも企業、特に規模の大きな企業では未だにいわゆるキャリア研修という名で、若手に先々の未来に向けた自分の成長を計画させるプログラムをしたりする。

人材育成を仕事にする僕にもありがたいことにたまに依頼をいただく。

 

基本、丁重にお断りするのですが・・。

そもそも今の時代、計画どうりに行くわけないから。ムリがある。なにもみんな集まってやるようなことではない。

そんな時間とお金あったら、別のテーマにしません?と一緒に考えます。

 

2017年という年も、今じゃ想像できないこと、これまでの常識がひっくり返るような出来事がたくさん起こるのでしょう。

政治、経済の混乱から大企業の不祥事、自然災害、新たなダイエット法まで。

そういえば昨夜、NHKでトランプ大統領が公式記者会見をしていた。

たまたま観たのだが、記者たちと口喧嘩というか罵り合っている新大統領の姿を観ながら、はやり色んなことが起こるだろうなと感じた。

 

話をもとに戻すと、ゴールを立てるなら、1年よりもっとくっきり見える手前に旗を立てる方が、たぶん人は動ける。まずはココ!と時間軸を柔軟に動かそう。

今だったら3月末まで、とかでミニゴールを置きたいもの。

世の中の喧騒に方向性を迷わないよう、仕事も暮らしもシンプルに。

 

というわけで、

僕は今年も力まずリラックスして1年を楽しみたいので、

3月にハワイに家族で行くと決め、チケット取りました。

 

 f:id:komagome518:20170113180140j:image

もちろん仕事もバリバリやるつもり、です。