KOMA NOTE

くらしと仕事にシンプルなきほんを。思考整理コンサルタント・駒込浩明のブログです。

たった3文字で下支えすることに決めた。

困ったことは起こらない、と斎藤一人さんはいう。

すべては自分に必要なことだから。

成長するための学び、が起こるだけ。

 

そうだ、僕の人生も振り返れば、

数々のピンチをなんだかんだ乗り越えてきている。

その瞬間瞬間は、

「人生終わった感」で絶望の淵だったりするのだけど。

 

困ったこと=「問題」「ピンチ」ではなく、実は「チャンス」だったんだ。

そう定義を書き換えられたのは随分大人になってからだ。

 

今、僕の息子は友達との人間関係で悩んでいる。

当初話を聞いた時には、反射的に僕の意見をぶつけてしまった。

その後自分の行為を反省した。

彼が成長するチャンスを奪っているから。

意見(答え)をすぐ渡すのは、単に自分の不安心理を打ち消したいからだ。

そこに気がついた。

 

数日間、ノートに向かい思考を整理した。

頭の中だけで思考すると感情の波が立ちやすい。

しかしノートに手を使って書くという行為は、頭をクールダウンさせる。

おなじみのフレーム「事実、解釈、行動」の3つに仕分けしながら書いた。

そのノートに浮かんできた息子の不安を機会に変えるたった3文字の鍵とは。

 

 

それは・・・・

「大丈夫」という言葉。

 

 

何があっても、大丈夫。

うん、大丈夫だよ。

だって、大丈夫だから。

 

お父さんも今までいろいろあったけど、振り返ってみるとね、大丈夫じゃないことってなかったんだ。

すべての出来事、大丈夫。

 

僕はこの夏、たった3文字で我が子を下支えしようと決めた。

 

 

 f:id:komagome518:20160728104141j:image

息子の強い希望で金魚を飼い始めた。

すぐ水は濁るし、臭ってくる。

「大丈夫」。そう妻に言ってみたものの、今のところ何の共感も得られていない。。