KOMA NOTE

仕事や子育て、人生全般を好転させていくには、たぶんこうだろうと思うことを思考整理コンサルタントが綴っています。

う、をあたえよう

ふと、【有(う)を与える】という禅の言葉を思い出しました。 我が子が、友達からパシリにされている。 「こうすればいい」 保育園に行きたくない!だってたのしくないもん! 「こうすればいい」 将来が不安で眠れない。 「ならこうすればいい」 昔からコン…

予祝とメモの相性は抜群です

筆者は月に1回大阪市内で「かみいちまいカフェ」というゆる〜いワークショップを主宰しています。本業の法人企業での研修とは違うモードで。 「メモで思考整理できる人を増やしたい」という思いからエントリー的な機会を個人向けに提供するのが目的です。昨…

あなたの原点の地はどこですか?

新大阪発から始発の新幹線に乗り、原点の地を訪れました。数えると10年ぶりです。 東京の渋谷駅からひと駅のところにある大橋会館というなかなかレトロな建物。10年ぶりの会館は、当時よりも人が多く賑わっていました。 ちなみにここで言う原点の地とは…

時に助けてと書けるメモがあってもいい

今も企業が欲しい研修テーマは、大雑把にいえば「攻め」のスキル ロジカルシンキング、交渉スキル、プレゼンテーション・・・ 企業というのは、常に高い目標を掲げて立ち止まるわけにいかない宿命であり、マグロのごとく生きなければなりません。当然、社員…

たかがメモで人生が変わる、としたら。

最近メモがまた脚光を浴びているようです。 メモの魔力 The Magic of Memos (NewsPicks Book) 作者: 前田裕二 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2018/12/24 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (2件) を見る 実は、8年前にある方との出会いから筆者は人…

2月1日の「ひと言」

”おぶつ”に向き合い続けることこそ、子育てのリアル。 どんなに仕事でスマートに組織論を語ろうが、スパッと切れ味するどい成長へのアドバイスをしてこようが、家に帰ればこどものウンチの処理をし、朝はおねしょシーツを手洗いし、突然吐いた息子を抱っこし…

「なぜ」の扉を何回も開けてみることで、道は開けてくる。

「なぜ」って言葉は好きですか? 営業成果がなかなか出なくて悩んでいた若かりし筆者が、ひとりドトールでノートに書き出したのが、「なぜ」を5回問うてみる、というやつ。トヨタの事例で有名ですね。 実際にやってみたことはありませんでした。 なぜ?って…

1月24日の「ひと言」

働き方改革とは、 ”早寝早起き”をすること。 法制化、残業問題、仕事の効率化が・・・働き方改革について、様々な議論がされています。 でも物事はフクザツではなく「シンプルに」考えましょう。「早寝早起き」という暮らしの原点から始める。みんな子どもの…

困ったら歌えばいい

次男とレスリング状態のパパ 最近毎朝、次男坊(3歳)の着替えに手こずっている筆者です。 普段大人にはそれっぽいことをアドバイスするのに、いざ子供になると3歳児ですら御することができていません。。。 毎朝の着替えはまるで全盛期のPRIDEみたいで、寝…

良き対人関係をつくるヒケツ

昨日は今年初の新幹線移動でした。速い乗り物に乗ると、妙に前向きになってくるのは筆者だけでしょうか。 今年も「出会った人を幸せにする」をモットーに全力を注ぎたいと思います。それがサービス業の本質ですからね。 さて、組織の問題の中で一番多くて深…

逆転の目線を持とう

年初は顧客先のキックオフミーティングのファシリテーションをしている筆者です。 高い目標を掲げるのが好きな組織、苦しむ個人 年初は目標や豊富を掲げる組織や個人が多いと思います。あなたの会社や、あなた自身はいかがでしょうか?筆者も数多くの企業で…

今年の投資方針

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。本年もこの地味ブログを継続していきますので、どうぞよろしくお願いいたします。 さて年末年始の相場は乱高下。今年はみなさんがおっしゃるように相場は昨年以上に荒れる一年なのかもしれません。 米中の…

お腹をもめば人生は変わるのか!?

もみあげてみたぜ、お腹を! 1日1分で人生が変わるおなかもみ上げ 作者: 永井峻 出版社/メーカー: 自由国民社 発売日: 2014/06/26 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る ことし一番、熟睡した感じがしました。加えて翌朝の「快」と…

ありのまま書いていくと、本心が見えてくる。

昨日は、個人向けのワークショップ「考えずに、書く」体験会をしておりました。 (筆者は「書く」ことで思考力を高めていく講座を度々主催しております。)A4の紙に、ある問いをトリガーにして一定時間ひたすら頭に浮かんだことをペンで書き続ける、という至…

相場は自分の解釈力を鍛えるよい手段だ

日経平均は2万円割れしたようです、が NYダウ、日経平均ともに久々に続落が続いています。個別株、投信の基準価額も大きく下がっています。本日の日経平均は大幅続落、1,010円安でついに2万円の大台を割りましたね。 さてこの相場は一体、どこまで下がるの…

12月19日の「ひと言」

どんな仕事であったとしても、自分にとってそれが「天職だ」と思うこと。 商売繁盛のコツがあるとすれば、これに尽きるのではないかと。 天職だと思い込んでいる人って、しぶとくてぶれなくて結局、強くないですか。そして、なにより楽しんでませんか。 景気…

息子の担任に渾身のポジティブフィードバックをしてきた。

息子(小2)の期末懇談会に初めて行ってきました。担任との1on1です。聞けば、息子のクラスは30人もいるとのこと。 小学校の先生は大変な仕事です 筆者は企業で研修をする立場なので、よく分かるのですが、はっきり言って30人とか面倒見られるわけが…

コツなんて人それぞれだから。

週末、長女(4歳)が自転車に乗れるようになりました。もう、筆者の腰ガタガタです(笑)。 先月の誕生日に欲しかった新しい自転車をプレゼントしたものの、練習もせずに放置していました。ところがこの1週間、火がついたように練習をやり出し、週末で一気…

はじまりとおわりを繰り返して人は成長していく。

この秋、大阪にあるパソナさんでの講座がおわりました 振り返ると、2013年よりほぼ継続的に講座を受け持たせていただきました。パソナさんといえば人材派遣大手、東証一部上場の大企業です。一方筆者は、吹けば飛ぶような無名の独立コンサルタント。 ***…

この国の未来のために何かしよう。

ちょっと筆者の好きな2人の偉人をご紹介したいと思います。特に聞きたいわけではないと重々承知の上です。 好きな偉人はたくさんいるのですが・・・やはりこの方。吉田松陰です。筆者にとってロールモデルの筆頭格です。 ご存知でしたか?松陰先生、なんと…

帰省。

父の3回忌ということで、1泊2日で帰省中です。母が一人が住んでいる実家。約一年ぶりですが、来るたびに寒々しい。 しかし、当の母は肌ツヤがよく、以前より元気でした。壁にかかっているカレンダーを見ると、毎日何かしら予定が入っています。パソコン教…

「思い立ったが吉日」とは果たして本当なのか!?

思い立ったが吉日で会場を予約したはいいが・・・ 法人向けに研修をしていると、ほぼ毎回受講者から聞かれるのは、「個人向けに講座とかしていないんですか ?」「ぜひ、やって下さいよ!」 ほぅ、やってほしい、か。やってほしい。。フフッ、甘味なささやき…

自分で未来を描き、自分の未来を選ぶ。

わが子を自転車で保育園に送りに行く途中、年甲斐もなく米津玄師という気鋭のアーティストのLemonという曲「夢なら〜ば」を口ずさみ始めたら、虫がすっと口のなかに入ってきて3秒で終了した筆者です。(まだ虫飛んでるのか・・・。) 今日は、クライアント…

「受けの美学」という態度のススメ。

筆者はかつて、大のプロレスファンでした 人生で大切な基礎をプロレスから学んだ、と言いたいほど、少年時代はプロレスLOVEでした。 地元の体育館に時々やってくる地方巡業。当然マストで参戦、いや観戦です。 「いい大人が、なぜ派手なパンツ一丁で叩き合っ…

「管理職なんてなりたくないサー」と即答するあなたへ

「村さ来」で悔し泣きしながら呑んだサワーの味 筆者が社会に出たのは1997年です。日本経済がちょうどピークアウトしたタイミングで、じんわりと社会が冷え始めてきた時期。世に言う「就職氷河期」といわれる社会でした。そんな中でたまたま某サービス企業に…

論理とは、愛なのだ。

そもそも論理とはなんだろう? 筆者はシンプルにこう思います。 『ある問いに、理由と共に答えること。』 多くのお父さん、お母さんは、わが子からある年齢に差し掛かると「なんで?なんで?」攻めに合います。微笑ましいことです。それはね、こうだからよ。…

ノウハウより本心

ある社長から真面目な表情で、「あんた、渡部建に似ているね」と言われました。 どうリアクションしたらいいのか一瞬戸惑い、思わず 「ううっ…コ、コジマだよ!」と相方の真似をしてしまいました。 ・・・まだまだ未熟な筆者です。 筆者が、独立する際に起こ…

今年中にあなたの器を大きくするたった1つのこと。

どんなに知識や技術をもっていたとしても、最後は人間の器が試されます。これは仕事のみならず、子育ても含めた暮らし全般そうです。そもそも人の器とは一体何なのでしょうか?いろんな解釈はあるかと思いますが、筆者はこう定義したいと思います。【他者の…

感覚的なことを、数で把握する。

今、気がかかりなことは「何個」ありますか? 筆者が講座でよく投げかける質問です。たいていの方は、「は?何個?」という表情をします。 思考を整理する秘訣は、感覚的なものを「数」で把握することです。 多くの人は悩みや不安などをモヤモヤのまま抱えて…

本を100冊ゴンっ!と捨てられるようになった理由

あなたは、本を捨てられますか? 筆者は、読書がライフワークです。仕事にも直結しているので、本には投資を惜しみません。読書という習慣にはメリットが沢山ある反面、物理的に増え過ぎると困ることがあります。 部屋の本棚が常時、満員御礼。入りたいけど…