KOMA NOTE

”軽やかな自己実現”の考え方や実践を3人子育中フリーランスのコンサルタントがつづります。

台風直撃から思う問い。

台風で停電、千葉など4県で56万軒…11日の復旧目指す

 台風15号による停電は10日夜も千葉県などで続き、断水などで市民生活に大きな影響が出たほか、患者を転院させた病院もある。東京電力によると、同日午後8時現在、千葉県で約53万2000軒、神奈川、茨城、静岡を含む4県で計約56万3000軒が停電している。

(読売新聞より引用)

 

 

場所によっては11日の復旧も難しいらしく。よりによってこんな暑い時期に。。。同地域の皆さまにお見舞い申し上げると同時に、1分1秒でも早い電気、水道等のインフラ復旧に深い祈りを込めて関連報道を見つめています。

 

筆者の住まいは大阪なので、今回の台風の直撃はなかったのですが、自然災害はどこに住んでいようがいつか誰しもが遭遇することです。

 

「災害は忘れたころにやってくる。」
だから慌てないように、水や食料を備蓄しておこうぜ、ということではなく、

 

今回の台風直撃で、思ったことはもうちょっと根本的なことでして、

 

 

あ〜「自分の役割」ってなんだろうか?

ってことです。

あなたはこれまで考えたことがありますか?

 

 

かつてかのケネディ大統領は、こう国民に呼びかけました。


「米国民の皆さん、
あなたの国があなたのために何ができるかを問わないでほしい。
あなたがあなたの国のために何ができるかを問うてほしい。」


あまりにも有名な一説ですね。

 

要は、”それぞれが役割を果たそう”という呼びかけです。

 

隣国同士の問題、政治、会社内、近所や友人といった人間関係など、日常に起こる諸問題の多くは一見「誰かのせい」にできます。
そうすることで一時的に溜飲を下げる効果はあるのかもしれません。

しかし、こと自然災害になると、当たり前ですが誰かのせいにできません。
まさか「お天道さまのせい」という大人はいないはず。

 

つまり、自然に対して私たちは他責モードの構えはいっさい取れないのです。
東日本の震災の時もそうでしたが、人はこういうとき他責ではなく「自責」モードにならざるを得ない、いやなるべきだと思うのです。

 

 

「今、自分はこの立場でどんなお役立ちができるのだろうか?」

 

 

この問いを天から与えられている、そう捉え一緒に考えてみませんか。
日本の国のためにワタシは何ができるのか。

 

自分がこの国のために何ができるかなんて、真剣に考える人はそんなに多くはいないと思います。たぶん。
どちらかといえば、「国が何をしてくれるか」に頼り、文句をいう人が増えてきている気がしてなりません。

 

しかし、少子高齢化が進む中でそういう大人たちがますます増えたら、いよいよこの国は沈んでいくのではないか、そう思います。

 

もちろん生きていく以上、自分の権利をしっかり認識し主張することは大切です。
その上で、権利を維持するための義務や役割というものを前向きに捉え、自覚することは非常に大切です。

そういったことを自覚できる機会っていつ、誰が教えてくれるのでしょうね。

この国は民主主義の国です。つまり、みんなでつくっているはず。

 

ケネディ大統領ではないけど、
「今、あなたはこの国のために何ができるの?」
今回の台風直撃は、この問いを私たちに落としていったように思います。

 

今回に限らず、今後もこの問いに私たちが向き合わねばならない状況は度々出てくるでしょう。なんとなくですが、危機感。

 

筆者も自責モードでこの問いに改めてじっくり向き合いながら、日々関わる方々へのお役立ち力を磨いていきたいと思います。

 

 

最後に。
最近なんかね、時々どこからかこの言葉がやってきてアタマの中でこだまするのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

「ボ〜っと生きてんじゃねぇよ!」って。

(自分に向けて、です^^)

 

 

 

 

人は誰かに何かを伝えたい生き物。

f:id:komagome518:20190904175637j:plain

人間という生き物は、自分の意思を伝えたい、思いや考えを交換したい、人とつながりたい、という基本的な欲求をもって生まれてきている。

 

他者と意思の疎通を図る中に、人として生きているよろこびが湧いてくるようになっているものなのだ。

 

以上を前提とするならば、
伝えるという行為は、積極的にやっていく方が何かとイイですね、というのが今回の話です。

 

 

たとえば「起業する」という行為を例に考えてみると、
そもそも起業とは、一体何なのでしょうか。


「世の中にどうしても何か言いたいことがある人がやること」だと言える。

(もちろんこれが唯一の正解だ、というわけではないけど)

 

こんな感じです。

「俺のカレーはさ、世界一美味しいんだ!ぜひみんなに食べてほしいのよ」カレー屋さん

 

「あのさ、買い物とかネットでサクッと済ませたらいいやんか、な」ネット関連企業

 

「仕事や研修に分厚い資料やたくさんのパワポスライドとかいらない。紙一枚ありゃいい」(←これ、わたし^ ^)

 

 

どうして起業した人の多くがパワフルで元気なのか。
それは「自分の伝えたいメッセージを広大な市場に対して叫ぶ行為をして日々過ごすこと」ができているからです。

 

ある意味、スッキリですよね。だから元気。
(売上や集客など経営の悩みは尽きないけど)

 

そしてこれは別に起業でなくても同じ。
日々の暮らしの中において、人は常に何かを誰かに伝えたい欲求をもっているのです。

 

ワークショップをしていると、ある眼差しを感じる瞬間があります。


「あ〜、この方は何かを言いたがっている」と。

 

良いことです。
そんな時はできるだけどんどん言わせましょう。


ちなみに最近は、こんな眼差しの方も増えています。

 

「ははん、この方は私の言っていることを学ぶことよりも、ファシリテーターとしての技を盗もうと今集中しているな」と。

 

そりゃ眼差しで分かりますよ。ジワっと熱いもん。

 

・・・・あのですね、ちょっと言いにくいのですが、大事なことなのでズバリ言っときますが、

 

 

 

 

 

 

 

そういうこと、どんどんパクっていいですよー^^

 

 


子供時代はカンニングはダメですが、大人の学びはカンニングし放題、パクリ放題です(笑)。

 

いいな、と思ったことはさっさと盗んで自分のものにしていきましょう。

なんならわたしのセミナーはテープ回してもいいですよ〜。


私自身もそうやってきましたし、社会の進化自体がパクリパクられの世界だから、ね(笑)。

 

学ぶとは真似ぶ、なり。

 

講師の話し方や進め方を盗む。
大いに結構ですし、なんなら私で良ければ教えますし。

 

相手は、何かご自身のテーマで世の中(誰か)に伝えたいことがあるということ。


めっちゃ素晴らしいことじゃないですか!!🎉

 

自分なんか、とか、わたしはまだまだとか、まだ資格がとかできない理由を並べるよりも、1人でも2人でもいいからあなたが伝えたいことを伝え始めたらどうですか。

 

何をどう伝えるか、構成とか?

それはメモ一枚で整理すればいいじゃないですか^^

 

リアルなセミナーや講座だけでなく、もちろんこういったブログやSNSを通じてでも良いと思います。

 

 

自分が伝えたいテーマで、他者と意思疎通することのよろこびを。

 


ほんのすこし勇気をもって、伝え始めてみてください。
あなた自身だけでなく、あなたに関わる人たちも、元気になるはずですから。

 

あなたはどんなことを伝えてみたいですか?

 

誰にでも、伝えられることはあります。


そして、そのテーマを聞きたくてウズウズと待っている人は世の中にたくさんいますからね^^

 

では。

 

 

 

f:id:komagome518:20190904195401j:image

梅田某所にて月一回ペースで誰でも参加できるワークショップをしています。来月は9/25!

 

 

ノートは自分にとっての「希望の辞書」になる。

f:id:komagome518:20190830215116j:plain


片付けしながら3年前のノートをふと手に取った。


過去のノートは全てストックしてるものの、頻繁に見返すことはない。
しかし不思議なタイミングで、今の自分に必要なページが目に入ってくることがある。


あのときの夏、僕は何を考え、何してたんだろうとパラパラしてみた。
僕はノートには完全に心を開いている。


誰に遠慮することなくあふれる思いもさらけ出して書き出す。
だからそのときの感情、熱量が字にしっかり現れている。

 

 

とても強い筆圧で、破けそうな勢いで愚痴や怒りを書きなぐっているページ。
そのときはある顧客先の経営者から送られた上から目線のメールが、自分のプライドを切り裂いた時だった。
今となれば、瞬時にスルーできることだけど。


イキっていた、否がんばっていたんだなぁ俺、と(笑)。

 

 


新サービスを思いついて、ワクワクしたアイデアを展開しているページ。
こんなんできたら最高にたのしいだろうな、とアレコレ書き出している。
お笑い芸人のネタ帳のように、思いついたらネタ(企画)づくりが即できるのがノートのいいところ。下手くそな棒人間の絵まで描かれている。なつかしい。


ちなみにそれは、3年後の今、ちゃっかり実現していたりする^^
よく自己啓発で言われる「書くと実現する」、それはどうやら本当のようだ。

 

***

 

そしてあるページ。
丁寧で大きな字で、ある「言葉」が書かれていた。

 

その言葉を見た瞬間、しばし時間が止まっていましたよ。

 

 

 

 

諦めなさんな。
人間諦めないことが肝心だよ。
あんたならできる、できるって。

 

 

 

 

3年後の今、思わず瞼がウルってきてしまった。気持ちがしゃんとした。


あのとき、どんな気持ちで3年前のぼくはこれを書いていたんだろうか。
何かに挑戦しようともがいていたんだろうな。


ぼくたちは、時にやるべきことを逃げずに徹底的に向き合い、自分と闘わなければならない時がある。まさにそんなちょっと苦しい日々だった時に出会った言葉だ。

 

 

3年前も、最高のタイミングでこの言葉に出会った。
そして3年経った今、再び最高のタイミングでこの言葉に出会う。
まるで、3年前の自分からエールを送られているかのように。

 

 

「あんたならできる、できるって。」
あの時、その一行で僕は壁を乗り越えたんだよな。
そして今、この一行で僕は再び。

 

ここしかない、というタイミングで自分が欲しい言葉がやってくる、そんなことがメモを習慣にしていると度々ある。

 

 

ちなみにこの名言。
僕が作ったのではなく、「サマーウォーズ」という映画に登場する最強でクールなおばあちゃんが言ったセリフ(だったと思う)。
10年ぐらい前の作品にも関わらず、毎年夏にTVの金曜ロードショーでやっているほどの名作。たまたま観ていてノートにメモしたんだと思う。

 


僕たちは自信を失いかけたとき、傷ついたときに、言葉ひとつで励まされ、勇気付けられる瞬間がある。


ノートは身近に存在するコーチのような存在。
自らが書いたものを見返すことで、何度となく励まされたことか。

 

 

ノートは自分にとっての「希望の辞書」になる。

 

 

***

 


サマーウォーズの音楽をユーチューブで聴きながら、僕は片付けを再開した。


ただの部屋の片付けが、”ここから世界を変えていく仕事”のような気がしてくる不思議(笑)。

 

 

 皆さんもよかったら聞いてみてください。
すんごい良い音楽ばかりです。もちろん映画も。


[神曲高音質]サマーウォーズ BGM集 「栄の活躍,The Summer Wars,1億5千万の奇跡,みんなの勇気」(サマーウォーズサントラ)〔ヘッドホン推奨〕

 

 

8月も間もなく終わりますね。
この夏、あなたはノートにどんなことを書いていましたか。

 

9月も最高にたのしく過ごしましょうね。
いまのあなたにこの言葉がタイミングかどうかは分からないけど。

 

”あなたならできる、できるって。”

 

では。 

 

 

 

伝えるより、見せるほうが早い件。

f:id:komagome518:20190829142037j:plain

 

たとえば、道に迷ったとしましょう。

目の前に交番があったので、おまわりさんに道を教えてもらうことにした。

 

中をのぞくとおまわりさんが2人いた。

若手の誠実そうなおまわりさんが即立ち上がり、対応してくれた。

 

一緒に通りに出ながら、

「あ〜そこなら、この道をまっすぐ行って、1つ目の信号を左に、その先突き当たりを右に、3つ目の交差点をね・・・」

 

「ちょ、ちょっと待ってください」(的確なんだろうけど、ギブアップ!!)

 

 

その様子を見兼ねた、もう一人のベテランのおまわりさんが近寄ってきてあるものを「見せて」くれた。

 

 

それは、一枚の地図

 

その地図を指差しながら、道をたどってくれた。

 

「わかった、これなら行ける!^^」

 

 

そう。
人は「見えると、分かる」んです。
「分かると、動ける」んですね。

 

見えないものは不安でわからない。だから動けない。

 

口頭だけでポンポン伝えるより、書いてあるものを見せた方が相手は”早く”動けるのです。

 

筆者はそろそろ世の中の「伝わらない」問題に終止符を打ちたいと思います。

 

 

「1分で話せ!」とか口頭で伝える技術を磨くことも大切ですが、今この時点でシンプルに書いたメモを見せていく方が、カンタンで手っ取り早いのです。

 

ちなみに、あなたの日頃のコミュニケーションのスタイルを振り返ってみると、先のたとえ話でいう2人のおまわりさんのどちらタイプでしょうか。

 

道がわからなくて困っている人の立場からすれば、

「さっさと見せてほしい」です。

 

・道がわからない人=あなたの部下である若手社員

・道がわからない人=サービスを売りたいお客様

・道がわからない人=言うことをきかない子供(またはお父さん)

 

などと置き換えて考えてみるといいかもしれません。

 

 

あらゆる仕事は、その先に必ず人がいます。
筆者のようなフリーランスですら、自己完結する仕事は皆無です。
すると、相手にいかにポイントを掴んで手っ取り早く動いてもらうのか、の連続ですよね。

 

 

結論、”見せる”ほうが早い

 


ここに気がつくと、仕事のコミュニケーションは劇的に変わってきます。
デジタルツールは日々多様化し進化していきますが、アナログな側面の工夫を多くの人は見落としています。
チームのリーダーであれば、部下に動いてもらうコツもここにあります。

 

 

「見せるメモ」をささっと書いて用意しておく。たったこれだけです。
人に伝わらないよ〜、言いたいことをうまく表現するのが苦手だよ〜と思っている方にオススメのカンタン改善策です。

 

 

地図(マップ)コミュニケーション
試しに伝えたいことをメモした紙を、相手と見ながら、指差しながら共有を図ってみましょう。

 

・売りたいときも

・教えるときも

・連絡のときも

・相談のときも

・報告のときも

・褒めるときも

・叱るときも

・感謝のときも

・健やかなるときも、病めるときも、、冗談です^^

 

 

あなたのコミュニケーションに足りないのは、
「スキル開発」ではなくて、実はたった1枚の地図(メモ)の用意だけなのかもしれません。

 

 

いつも手元にメモを。
あなたの思いは「伝える」より「見せる」んです。
今、のあなたから始められることですよ。

 

では^^

 

 

 

 

WE WORK

昨夜は、なんばスカイオにある『WE WORK』にてワークショップをしてきました。

 

WE WORKってご存知ですか?

なんばにあるのはこんなところ。


WeWork Japan Namba

 

噂には聞いてましたけど、
すんごいコミュ二ティ型ワークスペースでした。

名の知れた企業もオフィスとして入っているし、スタートアップしたばかりの起業家、フリーランスなどが集い、仕事やコミュニケーション、様々なワークショップが日夜行われている空間なのです。

 

近未来の働き方はここに来れば分かる、そんな感じです。
世界中に展開しており、この関西にもどんどん増えていますね。

 

感性をビシビシ刺激するのと、反面なぜかゆったりリラックスもできる不思議な空間が創られているのがなんばのWE WORK。


その会議室の一つを借りて、筆者のワークショップが行われたわけです。

 

テーマはいつもの「思考整理」です。

Macを開いて何かしたくなるような洗練された空間の中でも、「紙×手書き」を貫き通します(笑)。

 

しかし環境というのは人の思考や言語にモロ影響を与えますね。

 

いつもは「型」といっているところを、つい「かっ・・・デ、デザイン」とカッコつけてしまいました。。

 

私というより、場がそう言わせたのです!!(言い訳)

 

 

ワークショップ自体は、皆さんからは「ためになった!すぐ使いたい!」とのポジティブな感想を頂けてホッとしています。(私もめっちゃ楽しかったです^^)

 

 

ちなみに私は、独立してからずっと自宅マンションの一室を仕事場としています。


育児や家事もすぐ対応できるし、何より固定費を出来るだけ縮減し、粗利率を究極まで高めるというのが筆者のビジネスのシンプルな鉄則なので。

 


しかしあんな、洗練されたワーキングスペースでやっていたらまた違った楽しさや、人とのつながりができるんだろうなぁと羨望の眼差しでオフィスを後にしました。

 

 

ほんと、よい体験をさせていただきました。

 

参加された皆さま、何よりベタープレイス株式会社代表の廣居さん、この機会を作っていただきありがとうございます!

 

 

 

では最後に私も、「WE WORK!!」

(こんな掛け声しないと思いますが^^)

 

f:id:komagome518:20190828151106j:image

筆者のワークショップはこの部屋で行いました。

THE 快適空間‼︎(ネットカフェじゃないよ)

 

 

もしも自分のゴールがわからないなら。

f:id:komagome518:20190821154315j:plain

 

「今、あなたの1ゴールは何か?」

「夢とか目標はナニ?」

「志をもとうよ」

 

 

果たしてどれだけの人がこれらの問いにクリアな即答をできるのでしょうか。

もちろん中には即答できる人もいるでしょう。

なんか即答できたらなんかそれだけで素敵な人に見えますよね。

 

しかし、かつての筆者も含め上記の質問を受けると、、、、

 

 

 

どこかウエッと苦しくなりませんか

悪気はないけれども、聞いてくる人に対してどこか暑苦しさを感じてしまいます。

正直、痛いところを突かれる一番聞かれたくない質問だったりするわけです。

ちょっと遠くを見ながら鼻でもほじりたくなるわけです。

 

今日はそんなウエッとなる人向けのお話です。

 

 

***

 

 

結論から言うと、

夢や目標がパッと思い浮かばなければ、

そのままでいいと思います。

 

あるがまま、ないがまま、でよし^^。

 

目標なんて無理して作るものではないし。

会社だと常に上から降ってきますが(笑)。

 

 

モノゴトは何事も出会うタイミングっていうものがありますから、
安心して「今」を楽しみましょう。

 

 

そう、今を楽しむ。
語弊を恐れずに言えば、いろいろ遊べばいい。

 


人は遊びの中から「好きなこと」を発見し、「夢中になれること」に出会い、そこから学びが始まります。

 

そしていずれ、儲けになる(笑)。

 


夢中になれないのに、まず学びを先にというのは正直何も身についていない気がします。そして残念なことに長く続きません。

 

嫌がる子を無理やりスイミングに連れていく親のごとく。。

 

 

ざっくり言えば、
100の遊びから好きなことが10個見つかり、その中で夢中になれる1つに出会い、気付ば1つの目標を立てて、自ら学んでいた。

それが自然な流れであり、幸せへの近道だと思います。

 

 

なので、今夢や目標がないよ、という人は、
その背景に、好きなことが極端に少ないのかもしれません。

 

好きなことがないなら、遊びが不足している。

そう思ってください。

 

焦る必要はありません。

 

年齢は関係ありません。


今からたくさん遊びましょう🎶

 

 

***

 

 

わが子にも言ってます。

(妻には誤解されるので)こっそり話していますが、


「教科書に書いてある勉強なんて、年取ってからでも間に合うぜ♫」

 

  
先にいろいろな「遊び」をさせること。
遊びきったその先に、その子自身の夢や目標だったり、学びへの意欲は生まれるんじゃないのかな、と自らの経験からもそう思っています。

 

 

ならば親がしてあげるべきことは、ただ1つ。

 


「遊びの選択肢を増やしてあげること」以上!

 

 

3つの選択肢より100の選択肢をもっている、あるいはその増やし方を知っているというのが、将来の生きていくチカラにつながっている。

 

 

だから、とことん今を遊べばいい。楽しめばいい。

こどもは机からひっぺはがし、自然の中に連れていきましょう!

 

 

***

 

 

では大人ならどうでしょうか。

 

振り返れば筆者の場合、20、30代そこそこで夢や目標があったか、志があったか?

あ〜りませんよ、そんなの。

 

ノーゴールな奴でした。

でも、言いようのない焦りはいつもあったと思います。

 

 

もしもあの若き自分にアドバイスを送るなら、


「ゴールなき自分に焦ることないから、いろいろ遊べばいいよ〜♩」

 

と言います。

 

遊びとは、体験です。
ひと口に体験といっても、いいも悪いも様々あるでしょう。

 

大人なので、映画鑑賞やコンサートに行く、身近な読書も遊びに含まれます。
なんか面白そうなセミナーに行くもの遊びとします。
ちょっと背伸びしたレストランに行くものあり。
海外旅行に(あぁ・・行きたーい!!)

 

体験してみなければわからないことが世の中にはまだまだたくさんあります。
まだ出会えていない”好きで夢中になれること”がいっぱいあるのです。

 

 

繰り返しますね。

今、あなたの人生におけるゴールが即答できなくてもいい。

大丈夫ですよ。

もしそんなことに焦燥感を覚えるくらいなら、遊びの予定を10個入れましょう。

 

 

人生において好きなことの数(=選択肢)を増やしていくのです。

その努力と投資を惜しまないこと。

あなたが夢中になれるものと必ず出会えます。

ふと気づいたら、目標をもって何かを学び始めているはずです。

そして、シゴトになっていた。

 

そうなれたら幸せですよね。

 

 

〜足りないのはゴールを作る能力ではなく、好きなことを増やす遊びである〜

 

 

ちなみに今、好きなことは「いくつ」ありますか?

よかったら書き出して目で確認してみてくださいね。

意外に・・・かもですよ^^

 

 

今回も読んでいただきありがとうございました。

ではまた。

 

 

 

 

何を見るか、を決めるとスッキリする。

f:id:komagome518:20190821162312j:plain

2019年は株価の動きが激しいですね。
世界を見渡せばキナ臭い状況ばかりです。
わが日本の大手メディアはなぜかあまり報じないけど。。

 

 

年初に証券HPには「基本ログインしない」と決めています。
ニュースが目に入って「NKダウ大幅下落」などと知ることもあります。
とくに8月は多いですね。

 

 

まぁ知ったところでどうこうすることもない投資活動ゆえ、静観し続けています。

 

 

引退したイチロー選手がかつてこんな言葉を残しています。

 


「ヒットの数は気にするけれど、打率を考えるのは嫌いだ。なぜなら、打率は下がるが、ヒット数は下がることがないから。ヒットを積み重ねていくことだけを考えればいい。」

 

 

つまり、欲しい結果に近づいていく方向しかないということですね。

 


人は見たいものを見る生き物、と言われます。
『見たいものを意図して限定する=思考の幅をグッと制限する』というのは優れた思考技術といえます。

 

投資活動も同じです。
株価や基準価額に一喜一憂しても筆者にとってはまったく意味がありません。
なので、毎日見ていません。

 

時々注目するのは、基準価額より口数です。


筆者は、2016年より個別株から投資信託への積み立てに比重を置いてきました。
現在は6つの投信を通じた毎月積み立てを機械的に行っています。

 


投資信託で言えば、まさに「積み立てた口数」は下がることがないからです。
コツコツ積み重ねていくのは性に合っているな、とつくづく感じます。

 

意図して見るものを決める
自分の暮らしや生き方をシンプルにする手立てです。

これが今日のメッセージです。

 

 

 

ちなみに。

筆者の投資を例に出しましたが、
あなたは何か意図して見るもの・見ないものを決めていますか?

 

筆者は投資以外だと「体重」を日々見るようにしています。
なんたってボディメイク中ですからね(笑)。

現実を直視することはキホンです。

 

この2ヶ月、絞りにしぼって・・・

 

 

えっ!?

 

 

あっ!?

 

 

ナニ!?

 

 

お盆期間で、スッキリどころか元にもどってるやん・・・

オ〜イ!

 

 

今日も意識して楽しいことを見て(選んで)過ごしましょう!