KOMA NOTE

仕事や子育て、人生全般を好転させていくには、たぶんこうだろうと思うことを思考整理コンサルタントが綴っています。

良き対人関係をつくるヒケツ

昨日は今年初の新幹線移動でした。
速い乗り物に乗ると、妙に前向きになってくるのは筆者だけでしょうか。

 

今年も「出会った人を幸せにする」をモットーに全力を注ぎたいと思います。
それがサービス業の本質ですからね。

 

f:id:komagome518:20190110170955j:plain

さて、組織の問題の中で一番多くて深い悩みとは何だと思いますか?

 

組織は人の集まりだけに、
対人関係の悩みに収斂されます。

 

要は、「おれはあいつが嫌いなのだ。」です。

 

この気持ちを言い換えると、

「自分は正しい。相手が間違っている。」です。

 

根っこはみんなこれ。

1対1でも部署間でも。会社でも家庭でも。

 

私たちは、いつもこの呪縛で悩むのです。

 

 

筆者は提案します。
前提を変えてみませんか、と。

 

「自分は正しい。相手も正しい。」

これを出発点にしてみませんか、と。

 

「自分は正しい」と思う人間の性は、相手も同様にあるもの。
わたしにも、あなたにも何か”もっともな理由”があるのです。

 

『いまの自分にはわからないけれど、
相手には相手なりのなにか”もっともな理由”があるとすれば、それは一体なんだろうか?』


この問いを投げかけ、想像し、対話することができれば、
お互いの歩み寄りができます。

 

若手社員の言動や
いつもイライラ気味な上司、
非協力的なとなりの部署、
何してるか分からない社長、
難くせをつけてくるお客・・・

 

時に「ゴラァ!」と叫び倒したくなる気持ちも大いに分かります。

でもその時が勝負。
どんな前提を持つかで生き方が変わっていくように思うのです。

 

良き対人関係とは、歩み寄りの総量なのです。



良き対人関係で仕事できることは、
最高の幸せです。

しかし、うまくいっている時ほど私たちは忘れがち。
このありがたみを。

 

「自分は正しい。相手も正しい。」
ここを出発点に、対話してみてはいかがでしょうか。
されてみると分かりますが、聞き方が自然と変わります。
投げかける言葉も優しくなるはずです。

 

 

ちなみに。
今日の話は、会社だけでなく家庭(子育て)でも通じます。
子どもには子どもなりの”もっともな理由”があるものです。

まだまだ未熟なひとりの父親として、
今年はもっと我が子にも耳を傾けよう(と本ブログを書きながら思いました)。

 

 

 

逆転の目線を持とう

f:id:komagome518:20190109113435j:plain

 

年初は顧客先のキックオフミーティングのファシリテーションをしている筆者です。


高い目標を掲げるのが好きな組織、苦しむ個人

年初は目標や豊富を掲げる組織や個人が多いと思います。
あなたの会社や、あなた自身はいかがでしょうか?
筆者も数多くの企業で適切な目標設定やビジョンの策定を指導、サポートしてきました。

えてして、経営者は高くチャレンジングな目標を掲げたい欲求があります。
常に上昇志向であり、理想を語ります。
たしかに、企業組織というのは現状維持を志向した時点で、衰退の道が始まります。

いつも上昇を目指すのは、正解なのです。

 

しかし、筆者がサポートする中小サイズの企業組織でいうならば、程なくしてほぼ理想と現実のギャップに打ち負かされて心が折れていくケースが散見されています。

「目標」と聞いて、あなたの心は踊りますか?苦しくなりますか?

 

新たな目標を立てる前にすべきこと

筆者がサポートする際に行っていることがあります。


自分(自分たち)の直すべき考え、習慣、癖を洗い出して眺めること、です。

 

つまり、上ばかりを見るのではなく、足元をしっかり見つめて認識する。私たちは物事を認識することで、自発的に止めようとか、直そうと決意するものです。


実は目標設定よりも「1個悪い癖を直す」「1つ手放す」だけで物事がスムーズに展開していくことは多々あります。

 

エレガントな表現で高い目標を掲げるよりも、領収書提出の締め切りを全員が守る!このことで仕事の効率が高まり、職場全体が前向きになってくることもあるのです。


こういった現実を数多見てきた筆者にとっては、過大な期待を掲げて苦しむよりも、目の前のことを丁寧に淡々と修正しながら進む方が結果的に上昇していくのではないか。

経験上、そう思うのです。

 

 

組織も、個人も

もちろん理想や目標自体を持つことは良いことですし、ツールとして推奨します。
しかし、上ばかり見ないで下への目線も大切にしたいものです。
あなたにとって大事なこと、進化のタネは案外「足元」にあります。

 

2019年、あなたの組織やあなた自身の「最初のスモールステップ」は何でしょうか?


まずそこだけで良くないですか?
そこに専念するだけで、新たな現実が始まりますから。
どうぞご参考までに。

 

 

最後に、ふと思い出した名言を。

「最も重要な決定とは、何をするかではなく、
何をしないかを決めることだ。」
Apple創業者 スティーブ・ジョブズ

 

今年の投資方針

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
本年もこの地味ブログを継続していきますので、どうぞよろしくお願いいたします。


さて年末年始の相場は乱高下。
今年はみなさんがおっしゃるように相場は昨年以上に荒れる一年なのかもしれません。


米中の貿易戦争は覇権争いとして長期化するでしょうし、当のアメリカの景気もピークを付けたとか、EUも良いニュースを聞きませんし、我が日本は雇用状態も良く元号変更の歴史的節目の年ではあれど、一方で消費税10%アップも控えています。
一体、脱デフレの発表がされるのはいつぞや。

f:id:komagome518:20190108174945j:plain



 

筆者の今年の投資方針

さて、筆者はどうするか?

 


ずばり、相場と適度な距離を置きます。
これが大方針です。


つまり、Buy&Hold&Forgetです。


大事なのは最後のForgetです。

これがなかなか難しいのですよ。

なまじ投資を勉強し、投資が好きな方にとっては。

 

距離を置くとは、シンプルに「証券口座にログインしない」ことを意味します。
いまのところ今年は1度も開いてません。保有投信の基準価額すら知りません。

 

筆者も弱い人間ですから相場を気にしすぎると、乱高下に一喜一憂して、感情で妙な決断をしかねません。

それはいつも言うように、投資ではなく投機になります。刺激はあれど、おそらく精神の疲弊とお金の損失が待っているでしょう。


まぁ半年に1度ぐらいの頻度で見ようかと思います。それぐらい距離を置く。例えるなら、親戚の子供に久しぶりに会った際に、「おおぉいつの間にか大きくなったね〜」と言うあの感じです。

 

とはいえ・・・

投資行動は淡々と継続します。世界情勢は今年も色々動きはあるでしょう。
しかし筆者は、世の中も相場もますます良くなっていくと信じるひとりです。


長期に渡る時間と世界中の株式と債券に分散し、月収入の15%を投信の積立に回す』


このシンプルな原則と仕組みは継続します。と言っても仕組みを作ればあとは特にやることはないので、いわゆる放ったらかしです。
この方針で始めてまだたった4年弱です。最低20年はやろうと思います。

 

 

結局はね・・・

当たり前ですが、本業に集中しよう
そういうとことですわ。

以上です。

 

お腹をもめば人生は変わるのか!?

もみあげてみたぜ、お腹を! 

1日1分で人生が変わるおなかもみ上げ

1日1分で人生が変わるおなかもみ上げ

 

 

ことし一番、熟睡した感じがしました。
加えて翌朝の「快」といったら・・・
おい、なんじゃこりゃ〜の世界です。

「健康管理とは、しっかり寝ること」。

そう定義している筆者ですが、感動して思わず書いている次第です。


おなかもみ上げ、スゴい技術なのですよ。
なぜこれを学校で教えないのか!?と本気で思っています。コレ、息子に教えよう。

 

そういえば、日本語には「腹・肚」のつく慣用句が不思議と昔からたくさんあります。

腹が立つ。

腹がすわる。

腹を決める。

腹が黒い。

太っ腹。

腹に据えかねる。

腹を抱える。

腹を切る。

腹を探る。

腹を割る。

などなど、他にもたくさんありますよね。


食べものだけでなく、精神的なものですら、
私たちはお腹にたまる、ためているのかもしれません。
そういえばストレスを感じている時、みぞおちあたりが硬くなっています。


お風呂上がりと寝る前がおすすめ

いつやってもいいらしいのですが、いろいろ試した結果、
風呂上がりと夜寝る前ふとんに横になってのもみもみが効果的かなと思います。
やるのは2、3分程度ですが、ハマってほぼ毎日やっています。
お腹が温かくなり、呼吸が楽になり、スッと入眠する感じです。
我が子から呆れられるほど、パパは落ちるのが早いらしいです、笑。

 

肝心のやり方は?

冒頭に紹介した本の著者、永井さんという先生がユーチューブで丁寧に紹介をしています。
ぜひそれを見て欲しいのです。

 

筆者がもみ上げはじめた理由は、実はこの先生の人間味にあります。

 

もちろん面識はありませんが、
動画を通して感じる先生の親しみやすい丁寧な解説に惹かれたことが大きいのです。
ぜひ一度見ていただきたいと思います。

 

忘年会で内臓疲れまくっている、おじさんたちは必見です。
年末年始、ボ〜っとユーチューブ観たりしてるなら、クイッとおなかをもみ上げてみてはいかがでしょうか。


来年の人生、ますます好転していくかもしれませんよ(笑)。

 


●テレビ「ソレダメ!」でも紹介された「おなかもみ上げ」のポイント解説【楽ゆる式】

 

ありのまま書いていくと、本心が見えてくる。

昨日は、個人向けのワークショップ「考えずに、書く」体験会をしておりました。

(筆者は「書く」ことで思考力を高めていく講座を度々主催しております。)

A4の紙に、ある問いをトリガーにして一定時間ひたすら頭に浮かんだことをペンで書き続ける、という至ってシンプルなワークをする場です。

月に1度、大阪市内の某レンタルスペースを借りてごく少人数でやっています。
筆者のライフワークです。

f:id:komagome518:20181227102322j:image
こんな場所で。

 

なぜ「考えずに、書く」ことが大切なのか?

ふつうは「考えて、書きます(話します)」よね。
それが常識的な社会生活を送る上でマストです。

考えて(理性)で言葉を扱うと、理屈・タテマエが上手になります。
理屈もタテマエも人間関係上、必要です。それが大人ですから。

しかし、デメリットが1つあるのです。
「理性は簡単に嘘をつける」ということです。

 

タテマエの言葉を使い続けるとどうなるか?
じぶんの本心や価値観が、行方不明になります。

価値観とは、何を大切にしたいかということです。
だからことごとく迷うし、ブレる。

筆者の若かりし頃はその日々でした。
周囲に流されっぱなし(笑)。

でも、コンサルタントとして様々な企業のビジネスパーソンと接しているうちに感じたのは、同じようなことで悩んでいたり、空回りしている人たちの多さでした。
(経営者でも同様です)


「ほんとうは、どうしたいのですか?」
困った顔をされます。これを聞かれると正直、嫌なのです。分からないから。

 

そんな方に時々、おすすめなのです。
あんまり考えずに、ありのまま内面のつぶやきや浮かんだ言葉を書いて、見る習慣が。
内面とは、まさに氷山の海面の一部分ではなく、その下に潜む膨大なところ。


言葉を選ばず、ありのまま書き続けることをしていると、自分でも意外な言葉や本心のかけらが見えてくる瞬間に出会います。

 

どれだけ自らの思いをさらけだせますか。
まさにダイヤの原石のような答え(言葉)に出会えるかもしれませんよ。

 

 

手が教えてくれる瞬間がある

紙にペンで書く、というアナログな方法が絶対いい!とまでは言いませんが、頭に浮かんだ言葉を瞬間で書きつけられるあの感覚は、手書きならではの良さです。


できるだけ手を止めずに書いていると、
「こうしたらいいやん」「やってみれば」とまるで他人がアドバイスするかのような、一言や一行を書いている時があります。

まさに、至高のアドバイスを「手が」教えてくれる瞬間です。


頭だけでう〜んと唸っているなら、さっさと手書きをした方が思考は進みます。

 

 

 

これからますます「ウソ」が通じない時代になる

あくまで筆者の感覚ですが。
自分のそうだったように、タテマエの言葉中心で生きている人はますます息苦しさが募るのではないか。

ウソをついていることは、他者にはなんとなく伝わります。
人間はそんなにバカではないから分かります。


あ、この人本心で言ってるな(本心の言葉じゃないな)って感じるときありませんか?

 

昨今SNSを通じてすら感じ取れることもあります。ほんとうのこと、に「いいね」していませんか?


当たり前ですが、ウソは共感されません。
企業も個人も。


タテマエばかりの自分には当然わかっています。
ウソを重ね続けている自分自身のことが。

 


そんな自分を信じられるでしょうか。
自分を信じられないから、自信もなかなか育まれない。

 


本心だけで生きよう、などと極端なことを言いたいわけではありません。
理性で判断し、タテマエを使う自分も時には必要です。

 


大事なことは、そんなタテマエを言っているときでも、内面では自分の感性や本心を大切にして分かっているぜ、味わっているぜ、そんな状態なのです。

 

年末年始、チラシの裏紙でもいいので、ありのままつらつらと自分の本心を書いてみませんか?リラックスして。

来年も企画しますので、よかったら1度ワークショップにも参加してみてくださいね。あなたを下支えしたいと思います。

 

相場は自分の解釈力を鍛えるよい手段だ

f:id:komagome518:20181225170641j:plain

日経平均は2万円割れしたようです、が

NYダウ、日経平均ともに久々に続落が続いています。
個別株、投信の基準価額も大きく下がっています。
本日の日経平均は大幅続落、1,010円安でついに2万円の大台を割りましたね。

 

さてこの相場は一体、どこまで下がるのでしょうか。
不安になっている投資家も多いでしょう。
投資家にとっては、昨年と景色の違う年末年始になりそうです。

 

しかし、筆者は全く心配しておりませぬ。
ただ静観しております。
(やせ我慢でもなく)

 

なぜなら、相場のひとつの波に過ぎないからです。

かつてぎっくり腰の治療をしてくれた整体師が、
株式投資の要諦を教えてくれたことがありました。


一言でいえば、
「相場は波。その波にゆったり乗ればいい」と。

歴史上、ずっと上がり続けた相場はありません。
上がったものは下がる。
でも下がったものは、上がるのです。


過去のチャートが物語っています。

今の相場も、波のひとつに過ぎない。
ちょっと大き目な波が来て、ザザッーと引いている。
この自然をゆったりと眺めるような眼差しが必要なのだと思います。

ここで「大暴落!」「リーマン級」「暗黒のクリスマス」などのニュースや煽り的なキャッチに影響されて
慌てて狼狽売りしてしまうのは愚の骨頂です。
これでは資産形成など土台無理なのでしょう。
とはいえ、心穏やかではないのもそれまた自然ですが(笑)。


種を蒔くステージに入ったのだと認識を切り替える

筆者はいくつかの投信を【長期・分散・積立】で運用しています。
8年前から個別株をいくつか持っていますが、投信は2年前から始めました。
毎月収入の15%を数種の投信に分散して買い付けに回す、というシンプルな原則で淡々と継続中です。

投資といっても毎月決まった金額が投資に回っているだけなので、至って退屈な投資です。一応日々基準価額の動きは見ますが、いわばほったらかしです。


しかし、これでいいと思っています。日々の相場に一喜一憂していては本業に身が入りません(でした)。何よりそれは投資というより投機(ギャンブル)です。

今はギャンブルの真反対のコツコツ積立なので、まだまだ元本が目標に照らしてかわいいものです。
それでも相場が上がり調子だと、評価損益がプラスになりやすいので、チェックする度にほんのりと嬉しかったりするのですが、目標にはまだ程遠し。


待ちに待った、ようやく口数をしっかり増やしていけるステージがやってきたと思っています。

最低でも20年は積み立てるつもりでいます。
よって最初の数年間はむしろ下落傾向がウエルカムなのです。


「下がって良し、上がって良しの投信かな」という感覚です。
そう、筆者のスタンスは長期投資なので。

 

 

解釈力とは、経験を学びに変える大人のスキル

長期投資家として見れば、来年以降の相場を経験できることはかなり学びがありそうな予感がします。
理由は相場サイクルが切り替わること、その背景にある世界情勢が、歴史的に残る大変化を起こしつつあること、国内でいえば新たな元号に切り替わることなど。

 

起こった事実とそれをどう解釈するかを明確に分ける頭の使い方は、社会人の基本です。そして、いつの世も事実をどう解釈するかはその人の自由です。
筆者の場合は、「学び」として解釈するようにしています。

そうすると、その学びから次はどう判断し行動するか、活かすかを導きやすい。
つまり成長につながる好循環を作りやすいのです。そしてそれは儲けにもつながってきます。

 

来年以降の相場はどうなるか分からないけれども、学びは自分の解釈次第です。
来年もあせらずゆったりと相場という波にのっていきたいと思います。


コツコツと地道に種まきをし続ける。
それが結局、資産も自分自身も育てることができる唯一の方法だと思います。

このスタンスを大切にして、荒波も学びに替えて乗り越えていきたいと思います。

 

 

 

12月19日の「ひと言」

f:id:komagome518:20181219145848j:plain
どんな仕事であったとしても、
自分にとってそれが「天職だ」と思うこと。

 

商売繁盛のコツがあるとすれば、これに尽きるのではないかと。


天職だと思い込んでいる人って、しぶとくてぶれなくて結局、強くないですか。
そして、なにより楽しんでませんか。


景気がどうであれ、とか世界情勢がどうであれ、ノープロブレムなんですね。
上司が、とか会社が、とか1mmもどうでもいいことなんですね。


自分がどうしたいかがあるだけなのです。


自らの内面から湧き上がるものがあって仕事をしている。


ひと儲けしようとか、目立ちたいとか、とりあえず目の前にそれがあった、では継続するのは難しいものです。


なぜか。
その程度の情熱では、たいていは壁や谷底で諦めたり、逃げてしまうからです。


(自戒を込めて書いてみました)